パロッタ新聞第49号

皆様
急転直下森会長が辞任、浪花節的涙の会談で川淵を指名。
後任は委員会で決めるもの、森が決めることではないと思うのですが、
誰も何も言えないやくざもどきの男どもの組織。不甲斐無い忖度委員たち、
引導を渡せないカス首相。どこまでさらす日本の恥というところです。
おかげでパロッタ新聞も急遽内容を変更、一日遅れの発行となりました。
パロッタ新聞社

パロッタ新聞47号

4人のノーベル賞学者が1月8日に、「コロナ専門病院の開設、PCR検査の拡大」などを緊急提言した。
1 医療機関と医療従事者への支援を拡充し医療崩壊を防ぐ」こと、2PCR検査能力の大幅な拡充と無症候感染者の隔離を強化することなどが提言されている。
日本のPCR検査数は1000人当たり0.5人
英国は8.1人、フランスは4.4人などと比べて圧倒的に少ない。
提言者は次のように説明している。
「少なくとも”感染しているかも”と思ったら即座に検査を受けられる体制を作るべき。補助金をばらまくより、検査にお金を使うほうがコスト的にも社会的にも有効」
「無症候感染者で隔離すれば、彼らに宿泊先や食事を提供するホテル業界、飲食業界、生産者にもプラスになる。このほうがGoToより遙かによい」
「厚労省は無症候感染者が増えると医療崩壊になるという変な理屈を言っていたが、全く理解できない」
広島市は住民と通勤者全員80万人のPCR検査を実施する。
千葉県市川市が19日から65歳以上の10万人のPCR検査を始めるように、各地の自治体が社会的検査に動き出している。
自粛だけが求められてきた多くの人が賛同するだろう。マスコミは感染収束に向けた提言や動きを詳しく報道すべきである。

パロッタ新聞46号

今年も残すところ4日、これから何が起こるかわかりませんが、未解決のまま有耶無耶で終わりそうです。
ユーチューブで原口一博が「夜明け前の闇が一番暗い」と言っていました。♪夜明けは近い~ となるよう今年のパロッタ新聞最終号を作りました。

パロッタ新聞 社主

パロッタ新聞42号

大阪都構想の住民投票が近づき、ここにきて世論調査によっての賛成、反対が逆転の数字になってきています。
自民、共産に加えてれいわが加わり、山本太郎の街頭演説が素晴らしいエネルギーを発揮しています。また右派論壇の日本文化桜チャンネルの水島総御一行様も大阪に乗り込み反対の論陣を張っています。
住民投票に勝利することは、大阪市を守るだけでなく、維新と公明の力を抑え、
憲法改悪を阻止する力にもなると思います。
というわけで、微力にもなりませんがパロッタ42号をお送ります。

菅義偉は二法ではないと書きましたが、「秋田の田舎から出てきたたたきあげ」をカモフラージュするために、「集団就職で」となっていますが、秋田といえども高卒での集団就職はあり得ません。何から何までウソで固めたスカスカ男です。
松本ヒロさんと二年一緒だったそうです。

パロッタ新聞新社