パロッタ新聞第49号

皆様
急転直下森会長が辞任、浪花節的涙の会談で川淵を指名。
後任は委員会で決めるもの、森が決めることではないと思うのですが、
誰も何も言えないやくざもどきの男どもの組織。不甲斐無い忖度委員たち、
引導を渡せないカス首相。どこまでさらす日本の恥というところです。
おかげでパロッタ新聞も急遽内容を変更、一日遅れの発行となりました。
パロッタ新聞社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)