何故?

遅くなりましたが、木村さんの「何故?」と、井原 誠さんと安藤三 四 郎さんの投稿を掲載します。これは3月12日の投稿です。

 

皆様 昨日は井の頭公園での集会お世話様でした。また、各地で脱原発に向けた集会へのご参加ありがとうございました。

井の頭ではいわゆる共産党系の実行委員会が主催したものでした。福島では、さよなら原発系(原水禁系かな?)の集会がおこなわれ大江健三郎さんが挨拶され、1万6千名が参加し、加藤登喜子(あまり、お上手じゃないけどね)さんが唄を歌ったようです。東京ではやはり旧「新左翼」系(原水禁・社民党系かな)の脱原発首都圏連絡会が主催で日比谷公園で4万5千人を超える人々の集会だったようです。

何故?井の頭のボクらは日比谷公園に参加できなかったのでしょうか?
何故、一点での共闘を積み上げていくことが出来ないのでしょうか?
どなたか教えてくれませんか?
結局、分裂したのは井の頭の方じゃないのでしょうか?
木村誠

 

私もずーっとこの疑問を持っています。
米露冷戦時代が終わったにもかかわらず、広島・長崎では分裂開催が続いている。何故か?原水禁運動についても、最初は一般国民の素朴な声から広がった。しかし、イデオロギー(政党別)に分断された運動になってしまっている。
自民党政権体制側の巧みな分断戦略(原水禁運動は野党(共産党や社会党や労働組合)が行うもの)が成功した。
それ以上に、民主勢力側自身が分裂していることが大問題だ。
脱原発を実現するためにも、脱原発に賛成する多くの一般国民の意思を反映できるしくみ・活動が大切では。
原水禁分裂が脱原発運動の足を引っ張らないでほしい。
井原 誠

3.11の行動、板橋区では約600人の結集で川越街道をウオークしました。東京土建板橋支部は井の頭に行ったかどうかは知りませんが、こちらにかなりの人数が来ていました。前回に引き続き区議会副議長の公明党氏も自身が放射線技師という事からか?参加していました。

民主党の彼氏は個人参加という感じです。社民党は幟旗を林立しての参加です。共産党は都議・区議5~6人の参加でした。そのほかの党派も自民党を除き参加していました。緑の党なども議員はいませんが来ていました。

中央行動も結構ですが、3.11という日、都内を走っていたらあちこちで反原発、脱原発にぶち当たった、ということが大事だと思います。

現時点で原発は2基しか稼動していない、ということですが、再稼動の策動も強くなっていると思います。巻き返しを許さず、「原発いらない」が多数派にならなければなりません。

中央行動が一本化されていたとしても、現時点では民主党氏も公明党氏も参加されたと思いますか?
中央での本家争い、主導権争いなど、有害でしかありません。
板橋の行動でも活動家であるジジ・ババが多数来ていますが、活動家らしくないパパ・ママが頑張っています。日本の未来はこの方たちにかかっていると思っています。大事にしたいです。

日比谷公園でやっているときに明治公園などでやるのは如何と思いますが、三多摩の井の頭でならば許容できるのではないでしょうか。あちらこちらでやってて、自分の行きやすい場所に参加する、で如何でしょうか。

なお、「法政九条の会」の統一行動として、場所を決めるのは「有り」と思います。
安 藤 三 四 郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)